バルトレックスは、単純疱疹、帯状疱疹、性器ヘルペス、水疱瘡などヘルペスウイルスの増殖によって起こる症状を抑制する薬です。主成分のバラシクロビル塩酸塩には、細胞内でウィルスDNAの複製を阻害する作用により、ヘルペスウィルスの増殖を抑制します。

バルトレックスは、他のヘルペス治療薬よりも副作用が少ないと言われていますが、まれに副作用が起こることがあります。特に服用する人が高齢者や妊婦、腎臓疾患を抱えている場合は副作用が起こりやすくなる傾向があります。また、アルコールやカフェイン、以前に服用した薬や薬の併用などが原因で副作用が起こることがあります。

主な副作用として頭痛、下痢、吐き気、嘔吐、腹痛、胃痛、めまいなどが報告されています。成人の単純疱疹の場合、頭痛や眠気、意識低下、肝機能値の上昇などが、成人の帯状疱疹の場合、肝機能値の上昇、BUN値の上昇、クレアチニン値の上昇、腎障害、腹痛などが起こることがあります。成人の性器ヘルペスの場合、頭痛や吐き気、下痢、腹痛などが現れたり、小児の水疱瘡の場合は、便秘や肝機能値の上昇が起こるとされています。

バルトレックスはウィルス抑制作用がありますが、ウィルスが増殖している部分以外にも作用してしまうため、副作用が起こってしまうことがあるのです。副作用が起こらないようにするためには、症状に合わせて使い分けると安心です。口唇ヘルペスなどの軽い症状である場合は、バルトレックスなどの服用タイプの抗ウィルス剤ではなく、外用薬を使用することで副作用が起こりにくくなります。

また、重篤な副作用として、ショックやアナフィラキシー様症状、急性腎不全、意識障害、痙攣、てんかん発作、肝機能障害、黄疸、肝炎、急性膵炎などが起こることもあるので、これらの症状が現れた場合は、すぐに医師の診察を受けてください。

■ヘルペスは一度発症すると完治することはありません
バルトレックスでヘルペスの再発を抑制
アジスロマイシン