バルトレックスは、ヘルペスウィルスの増殖を抑える働きのある抗生物質です。
性病の種類の性器ヘルペスは、2日から10日ぐらいの潜伏期間があり、発症すると性器の周辺に赤いぶつぶつができます。
男性の場合は陰茎の先端やお尻の周り、女性の場合は外性器や膣の周辺にぶつぶつができて排尿時などに痛みを感じることが多いです。
性病の種類の性器ヘルペスは、発熱を伴うこともありますし、人に感染してしまうので早めに治療を受ける必要があります。
性行為以外では、トイレの便座やバスタオルを共用しても感染することもあります。
病院やクリニックに通院をするとバルトレックスを処方してくれるので、決められた分量や日数を必ず守って服用をして、症状が改善されても医師の許可なく中断をするのは避けて下さい。
バルトレックスは比較的安全性の高い医薬品ですが、人によっては吐き気や頭痛、胃のもたれ、口の渇きなどの症状が見られる場合があります。
口の渇きを感じる時は、ミネラルウォーターなどで水分補給をするようにして下さい。
性病の種類の性器ヘルペスは、バルトレックスを服用することで、症状が改善されますが、体の免疫力が低下している時は腰部の神経根にウィルスが潜伏しているので、再発しやすいので注意をして下さい。
性器ヘルペスの症状が出ている時は、充分な睡眠や休息を取るようにして、栄養バランスの良い消化、吸収の良い食事を食べるようにして下さい。
バルトレックスを服用すると、口の渇きなどの副作用が見られることがありますが、ほとんどの場合は問題ないことが多いです。
クリニックや病院では、バルトレックスは比較的高価な医薬品ですが、優れた効果があるので症状が治まるまで続けるようにして下さい。