バルトレックスはヘルペスウイルスの増殖を抑えて、帯状疱疹や口唇ヘルペス、性器ヘルペスを治療したり再発を抑えたりする薬です。
通常は医師の処方によってもらう事が出来る薬ですが、薬価が高いのです。
1錠あたり500円くらいの薬ですが、口唇ヘルペスなどの単純疱疹で1日2錠5日間の合計10錠の服用が必要ですし、帯状疱疹の場合は1回に2錠を1日3回、7日間の服用となると計42錠の服用となります。
つまり単純疱疹で5000円程度、帯状疱疹で21000円です。
ここに診察代や処方量・調剤料などの様々な保険点数がくわえられ、そのうちの3割が自己負担となります。
性器ヘルペスの再発抑制で服用しようと思うと、服用期間が長くなるためさらに費用が掛かることが予想されます。

バルトレックスは非常に効果がよい薬ですが、治療をきちんとしようと思うとコストがかかってしまいます。
そればかりか診察に時間や交通費、手間なども考えないといけませんし、性器ヘルペスの場合などは診察を受けるのが苦痛に感じる人もいるかもしれません。

しかし素人でのヘルペスの判断は難しいため医師の診断が必要となりますが、ヘルペスは再発する確率が高いのです。
再発の場合に限らず発症してから早めに服用を始めると軽症で済むことが多いです。
再発した時のためや再発抑制のために持っておきたいという人も多く、出来る限り安く手に入れたいと思うでしょう。

実はバルトレックスは通販・個人輸入で購入し、個人で使用することは法律でも認められています。

バルトレックスの通販・個人輸入での価格は10錠でおおよそ4000円程度です。
通販のサイトで購入すると送料がかかるとこが多く、高くても1500円位です。
流通コストなどの費用削減により、病院処方よりも通販・個人輸入での薬の価格の方が少し安くなりますが、必要錠数によって違いが出るのでそれぞれのケースで計算してみるとわかりやすいでしょう。